RuraraUrara

どこで生きてもいい人生を手に入れよう

【海外/旅行】英語が出来なくても旅行できる国

英語が出来なくても旅行できる国 

 

ずばり!それは台湾です!

 

中学生レベルの英語が出来るとより安心ですが、実は先日私が台北を訪れた際に台湾なら英語が出来なくても旅行できそうだなと感じました。

何故なら、台北は街中に書いてある看板などの漢字を見るとなんとなく何のことか分かるからです。これが同じアジアでも韓国やタイなどでは文字を見ても読み方が分からないと意味もさっぱり分かりませんね。

そういう意味では上海などの中華圏であれば旅行しやすいと言う事だと思います。残念ながら私は中国に未だ行ったことがないので正確には分かりませんが、中国は台湾より難しい漢字を使っているイメージがあります。ですので、台湾の方が旅行しやすいと思います。

例えば台湾の場合、桃園空港と書いてあれば空港と分かります。

日本人の私たちは『ももぞのくうこう/とうえんくうこう』と読みたくなりますが、本当は『タオユェン グォジー ジーチャン』と読みます。

正直いって読み方はさっぱり分からないですが、標記されている文字であれば何を意味するのか大体分かります。

 

また、朝市や夜市などではジェスチャーで意志の疎通が図れます。これ1つと指差しオーダーでOKなのです。

そもそも朝市などでお餅を焼いてくださっている方々に英語で話しても分からないと思います。

とは言ってもせっかくですので挨拶くらいは覚えて行った方が良いですね。

 

 

 

 

 英語は出来ないより出来た方が良いと思いますが、英語圏に移住したり現地で就職したりするのでなければ、日常会話程度できればいいのではないでしょうか?

そして日本人は完璧に話したいと思うかもしれませんが、完璧ではなくても大丈夫だと思います。何故なら、日本に旅行に来た海外の方が日本語を完璧に話せなくても大丈夫なのように私たち日本人が海外で英語を完璧に話さなくても理解してくれると思うのです。

 

そして日常会話程度の英語が出来れば海外に行く機会も出来るし、英語圏以外にも旅する機会が出来ると思います。

日本人はせっかく最強のパスポート(各国で指定された期間なら別途VISA取得不要)なのですから海外に行かずに一生を終えてしまうのは勿体無いと思います。

もちろん人それぞれの価値観ですので海外に行かなくても良いかもしれませんが、日本はただでさえ島国なので英語の勉強や海外へ行って見ることが大切ではないかと思います。

 

 

 

※※※まとめ※※※

 ・中学生英語でも安心していける国は台湾及び中華圏

・街中の看板などは漢字なのでだいたいの意味が分かる

・台湾の方々は優しい国民性なので道を聞いても親切に教えてくれる

・朝市や夜市、また飲食店などでも指差しで注文可能。※注文表があるお店の場合はお料理の名前をインターネットや旅本などで調べておけば悩まずに済むと思います。

 

 

 

最後に、、、

日本人の20代は最強のパスポートを保有している(保有できる)上に、国によりますがだいたい31歳くらいまでならワーキングホリデーで海外で働くチャンスもあります。

私には姪っ子ちゃんが3人いるのですがパスポートを取得してワーキングホリデーに行くことを推奨しています。本人達が本気で行くと決めない限り実現しないと思いますが、ワーキングホリデーは年齢制限があるので行かないのは勿体無いと思うのです。

 

日本は安全で何でもあるし何でも安いし美味しいし暮らしやすいと思いますが、海外に出て外から日本を見る機会を持っても良いのではないでしょうか?もっと日本を好きになれるかもしれません。

f:id:adoremoon:20191228181153j:image

 

ブログ村のランキングに参加しています。

にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村

 

↓書籍を楽天で探す