RuraraUrara

どこで生きてもいい人生を手に入れよう

【投資】エンジェル投資家って何?

エンジェル投資家って何?

『エンジェル投資家』って聞いたことがあるのではないでしょうか? エンジェルって・・・何だか可愛いですよね。 どんな投資家かと言うと、スタートアップやベンチャー企業に資金援助を行う個人投資家のことを『エンジェル投資家』と呼びます。

資金援助することにより『エンジェル投資家』は、スタートアップやベンチャー企業の株式や転換社債を受け取る事ができます。 資金面だけでなく、経営力を高めるためのサポートも手厚く行ってくれる存在なので、起業家にとってもまさに「エンジェル」であり、資金面の不安がなくなるのでとても心強い存在だと思います。

 

 

 

エンジェルの語源は、英国で劇団事業に資金供給する富裕な個人を表現した言葉に由来するそうです。 詳しくはWikipediaをご覧ください。

ja.wikipedia.org

 

 

 

『エンジェル税制』とは『エンジェル投資家』が投資したスタートアップやベンチャー企業の株式などを売却した際に、譲渡益を得た場合や損金を出した場合の税制です。 特例もあるようです。

www.weblio.jp

 

 

『エンジェル税制』とは、アメリカのベンチャー企業の成長に刺激され、日本でも1997年に創設された制度。 詳しくは国税庁のHPをご覧ください。  

www.nta.go.jp

 

経済産業省のHPです。 

angel-tax.tokyo

 

 

日本でも1997年に、アメリカの影響を受けて施行されたエンジェル税制ですが、アメリカほど活発ではない様子です。 ちょっと寂しいですね。 それでも『エンジェル投資家』として有名な方は日本にもたくさんいらっしゃいます。 

今後もっと増えたら良いのに・・・と私は個人的に思っています。

チャレンジする人が資金の心配をすることなくスタートアップやベンチャー企業で活躍できる世の中になると良いですね。

 

 

 

クラウドファンディングって何?』の記事で、エンジェル投資家について触れていますので、こちらもご覧ください。

www.adormoon.com

 

クラウドファンディングは基本、株式等とは関係のない資金援助になるので『エンジェル税制』も関係ないのですが、、、個人的に、人に対しても資金援助をしたら税金が控除される等の税制があっても良いのではないかと思ったりします。 

個人事業主や法人がサポーター(資金提供者)になる場合、事業に関わるリターンであれば(経費)として計上することは可能のようです。 

 

クラウドファンディングで得た資金は、、、

☆受け取り手が個人であれば(所得税 / 雑所得)

個人事業主が事業に使うのであれば(事業所得)

☆法人であれば(法人税

 

個人から個人への寄付型クライドファンディングで得た資金の場合は、、、

☆(贈与税)が適用される

 

※税務に関しては、税理士の方にご相談ください。

 

※※※まとめ※※※

『エンジェル投資家』とは、スタートアップやベンチャー企業に投資をする富裕の個人投資家の事です。 アメリカのベンチャー企業の成長に刺激を受け、日本においても1997年に『エンジェル税制』が税制改正により施行されました。

『エンジェル投資家』は資金援助をすることによりスタートアップやベンチャー企業の株式を受け取ることができ、受け取った年や売却などにより譲渡した際、税務上の特例を受けられたりもします。 (詳しくは国税庁のHPをご確認ください)

 

 

 

最後に、

若い世代の方々が資金の有無に関わらず、チャレンジできる世の中になると良いなと思っています。 私自身も20代は頑張って働いて貯金をしていましたが、貯めているうちに30代になり、気づけばチャレンジする気持ちも無くなっていました。 いつの時代も若い世代が歴史を作ると思っています。 

私の知り合いにもエンジェル投資家の方はいらっしゃいますが、日本は善い行いをしているにも関わらず、非難されてしまったりする環境なのでとても残念に思います。 非難を受けたくないので、こっそり支援している方は多いと思います。 

f:id:adoremoon:20190504063444j:image

ブログ村のランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

↓書籍を楽天で探す